買取に大人気のカルティエ腕時計について

カルティエの腕時計は、名門にふさわしい気品ある存在感が魅力。
着用している人のステータスを静かに物語ります。
中古市場でも人気が高く、高額買取で取引されているブランドウォッチです。


カルティエ タンク

タンクは、1917年にモデル製作されたカルティエのシンボルウォッチです。
第一次世界大戦で初めて登場したルノー製戦車の平面図からインスピレーションを得て、ルイ・カルティエがデザインしました。
そして、ファーストモデルは、終戦を迎えた翌年にアメリカ軍の欧州遠征司令官であったジョン・パーシング将軍に贈られたというエピソードが残っています。

ジュエラーとして優美な印象のカルティエが、当時の最新鋭兵器をモチーフにした時計を製作したことは意外ですが、ヨーロッパに平和が戻ったことへのオマージュといえるでしょう。
ケースの縦枠が伸展してストラップを固定するラグと一体化するなど直線だけで構成されたデザインのタンクは、優雅な曲線美がメインだった当時の様式がもてはやされるなかで極めて斬新な時計として社交界でも大きな注目を集めました。

アール・デコ様式とは、1925年のパリ万国装飾美術博覧会で注目され、1920年代に世界を席巻した装飾様式です。
直線のみを用いた幾何学的なモチーフや原色の対比構成などが特徴です。
タンクの発表後ほどなくしてアール・デコ様式が主流となったため、結果的にアール・デコ様式を先取りしたデザインとなりました。

その後、カルティエは、毎年のようにタンクの新作モデルを発表していきます。
1921年にはタンクのセカンドモデルで「アーチ」を意味する「タンク サントレ」、1923年には、中国の寺院からインスピレーションを得たに「タンク シノワ」が発表され、初代タンクのバリエーションは次々と増えていきました。
その後、1928年には、文字盤に備えたふたつのギシェ(小窓)で時刻デジタル表示する「タンク ア ギシェ」が誕生。
文字盤によるアナログ表示が主流だった腕時計業界において時刻表示の革命を起こしたモデルとして、今も知られています。

初代モデルの発表以来、バリエーションやモデルが次々に登場しており、カルティエの根幹ともなる人気コレクションです。
多くの人を魅了するタンクは、欧州各国の王族をはじめ、クラーク・ゲーブル、エリザベス・テイラー、アンディ・ウォーホル、モハメド・アリ、イヴ・サン=ローラン、セザールなど、数々の有名人に愛用される腕時計としても知られています。

カルティエのタンクは、気品ある美しさを備えたカルティエの世界観を見事に体現している腕時計といえるでしょう。
タンクの人気は中古市場でも安定していることから、カルティエを取扱っている買取店では高額で取引されています。

タンク フランセーズ W51005Q4
参考価格:766,800円
参考買取価格:約425,000円

カルティエ ロードスター

ロードスターは、2000 年にカルティエが発表したメンズ腕時計です。
カルティエのトーチュをベースデザインに、「男のための腕時計」をコンセプトとして製作されました。
トーチュの特徴でもある亀甲モチーフはそのままに、プラチナベゼルにブラックギーショダイアルを採用した「パシャN950」に通じるデザインは、発表と同時に多くの男性ユーザーを獲得しました。

アバンギャルドカーでもあるロードスターのイメージをそのまま時計に具現化したカルティエのロードスターには、スタンダードなセンターセコンドモデルのほかに、GMTモデル、クロノグラフモデルなどバリエーションも豊富なことも人気の理由でしょう。
また、ユーザー自身でブレスレットからストラップに簡単に付け替えることができることができ、フォーマルからカジュアルまで使いこなせるモデルといえるでしょう。

カルティエ ロードスター クロノグラフ W62019X6
参考価格:698,000円
参考買取価格:約460,000円


カルティエ パシャ

パシャは、カルティエの腕時計コレクションのなかでも高い人気となっているダイバーズ・ウォッチです。
コレクション名でも「パシャ」は、モロッコの太守(パシャ)のエル・ジャウイ公に由来しており、「水泳用の防水時計を作って欲しい」とオーダーしたことがパシャ誕生のきっかけとなりました。
1985年にラインアップに登場当初は大型ラウンドケースが採用された重量感あるモデルでしたが、時代とともに軽量化が図られ、現在のパシャの形となりました。
エレガントなアラビア数字が目を引く優美で繊細な作りでありながらもスポーティな防水機能を搭載し、カルティエの気品さと機能性を見事に融合させたコレクションといえるでしょう。

現在は、レディースモデル、パシャCモデル、その他にもグリッドの格子柄をあしらった文字盤のタイプも展開されており、好みに合わせて選ぶことが出来ます。
ラグジュアリーなデザインが多かったカルティエからスポーティなラインとして登場したパシャはため、男女問わず人気が高く、多くのファンから支持されている人気の時計です。

カルティエ パシャ 42mm クロノグラフ W3108555
参考価格:717,000円
参考買取価格:約470,000円

カルティエ サントス

サントスは1904年、創業者ルイ・カルティエが友人のブラジル人飛行士アルベルト・サントス・デュモンから依頼されたことによって誕生しました。
「飛行機の操縦桿から手を離さずに見ることが出来る時計が欲しい」と依頼されます。
懐中時計が時計の主流だった時代において、腕時計の新時代を切り開いた画期的な腕時計といえます。

ベゼルにビスを付けた独特な外観は当時の飛行機内部の計器類からインスピレーションをうけてデザインされました。
このカルティエ独自のビスで留めるデザインは、その後登場するラブリングコレクションやパンテールコレクションのベゼルなどに採用され、カルティエのシグネチャーとのひとつとなっています。

カルティエ サントス100 カーボンウォッチ WSSA0006
参考価格:708,000円
参考買取価格:約450,000円


カルティエ バロンブルー

バロンブルーは、2007年のジュネーズサロン(SIHH)で発表されたスタンダードコレクションです。
歴史あるカルティエの腕時計のなかでは、ニューモデルといえるでしょう。
バロンブルーの特徴は、ラウンドをコンセプトにどの角度から見ても美しいラウンド形状となっていることです。
特に、ケース全体のラウンドシェイプを損なうことがないようにデザインされたリューズガードは、一際目を引くデザインとなっています。
さらりと着けこなすことができるエレガントなフォーマルスタイルウォッチでもあり、登場以来カルティエの腕時計の主要コレクションとなっています。

カルティエ バロンブルー W69012Z4
参考価格:668,000円
参考買取価格:約440,000円


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


カルティエ買取店ランキング


最新記事

  1. ニューヨークのデザイナーのアルド・チプロによってデザインされたカルティエの財布
    カルティエの財布が愛される理由に、長く愛用できる丈夫さはもち…
  2. カルティエのバッグは丈夫で様々なデザインがあり買取にも大人気!
    1920年代にジュエリーメゾンとして初めてバッグコレクション…
  3. カルティエは様々な小物を展開していてiphoneケースまで出しているのです
    ハイジュエラーとしてのイメージが強いカルティエですが、レザー…
  4. ルイ・カルティエが愛したカルティエのブレスレット
    カルティエのブレスレットは、リングと同様に「愛」や「願い」な…
  5. カルティエはモチーフが特徴的なのでモチーフを魅せることができるアイテムです
    カルティエのペンダントは、特徴的なモチーフのペンダントトップ…

カテゴリー