世界中から愛されている5大ジュエラーのひとつカルティエとは?

カルティエ(Cartier)は、世界の王侯貴族に愛され、「世界5大ジュエラー」のひとつとしてジュエリー界に君臨し続けてブランドです。
1847年創業とジュエリー界のなかでも屈指の歴史を誇り、常に革新的な技術を駆使しながら時代の流行に左右されることのないプレシャスなジュエリーを生み出してきました。

現在のカルティエは、ジュエリーのみならず、腕時計、レザー製品、ライターなどのスモールアクセサリー、筆記用具など幅広くアイテムを展開しており、買取市場においても高価での取引が期待できる名門ブランドです。


【カルティエの歴史】

カルティエの歴史は、カルティエは創業者のルイ=フランソワ・カルティエがパリにジュエリーブティックを構えたことが始まります。
ルイ=フランソワ・カルティエは、宝石商であるアドルフ・ピカールの工房に入門したのち、宝石細工師としての才能を開花させていきます。
その後、1847年に、弱冠28歳だったルイ=フランソワ・カルティエにアトリエを譲渡されたと同時に、名門ジュエラー「カルティエ」が誕生しました。

1853年には、社交界の中心でもあったパレ・ロワイヤルの隣、ヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地にブティックを移転。
当時のファッションリーダーであり、ナポレオン3世皇妃だったユウジェニー皇妃を顧客に迎えたことを機に、王侯貴族の顧客を増やしたことにより、ヨーロッパ内で「王侯貴族御用達のジュエラー」として名を馳せていきます。

1972、カルティエを家業として存続させることを考えていたルイ=フランソワ・カルティエは、息子のアルフレッドを共同経営者に据えて、本格的に事業を伝授してカルティエの礎を築いていきます。
同時期のフランスは、ナポレオン3世による第2帝政からパリ・コミューン、そして第3共和政へと目まぐるしく変遷していく混沌期に陥ります。
特に、パリ・コミューンは、労働者や市民が中心となって構成された自治政府だったため、王侯貴族、一部の富裕層による社交界とともに発展してきたカルティエにとっては、混沌に巻き込まれる可能性が常にありました。
アルフレッド・カルティエは危険が迫る混沌から逃れるため、パリからロンドンへと渡ります。
ロンドンでもビジネス手腕を発揮。
ヨーロッパ中にその名を知られる宝石商となり、ジュエラー「カルティエ」を守り抜きます。

カルティエの歴史上において、ルイ=フランソワ、アルフレッドに続きキーパーソンとなるのが、アルフレッドの息子であるルイ・ジョゼ、ピエール、ジャックです。
カルティエの3代目となるルイ・ジョゼは、芸術とビジネスのセンスに秀でており、彼の感性こそが現在のカルティエのもつ「洗練」の礎となっています。

ルイ・ジョゼは、後に「オートクチュールの祖」と称されるチャールズ・ワースの孫娘アンドレと結婚。
1899年に、ヴァンドーム広場の北側に位置するラ・ペ通りへとブティックを移転します。
ラ・ペ通りは、ワースやゲラン、メレリオなどのフランスの一流ブティックが軒を連ねるパリのファッション通りであり、現在もラ・ペ通り13番地はカルティエ本店の所在地となっています。

1900年代初頭は、パリ博覧会が開催されたことにより、ジャポニズムがヨーロッパに取り入れられるなど新しい様式美が次々と生まれた時代です。
パリがもっとも華やいだ「ベルエポック(良き時代)」にあたり、ルイ・カルティエが製作したカルティエのジュエリーが、世界の王室や富裕層に広まった時でもあります。
また、プラチナをダイヤモンドの輝きを最大限に生かす素材として本格的に使用した初のジュエラーとしても知られるようになります。

花と葉をモチーフに使った花冠の「ガーランド・スタイル」は、ヨーロッパの王室で愛用された、もっとも有名なジュエリーです。
イギリスのエドワード7世から「宝石商の王であるがゆえに、王の宝石商」と称されたカルティエは、華やかな王侯貴族御用達ジュエラーとしての歴史をさらに築き上げていきます。
この時期に作られた贅を尽くした美術品や、「ミステリークロック」のコレクションなどは、カルティエの頂点といえる逸品といえるでしょう。

1904年、カルティエは、大きな転換期を迎えることになります。
そのきっかけになったのが、ルイ・カルティエの友人でもあったブラジル人飛行士アルベルト・サントス・デュモンからの依頼でした。

「飛行機の操縦桿から手を離さずに見ることが出来る時計が欲しい」というデュモンからの依頼によって誕生したのが、「サントス・ウォッチ」です。
ジュエラーのカルティエが手掛けた精密な腕時計は、腕時計の新時代を切り開くことになります。

サントス・ウォッチの発表後は、樽の形からインスピレーションを得た「トノー」や、亀の甲羅をモチーフにした「トーチュ」、第一次世界大戦で活躍した戦車からインスピレーションを受けた「タンク」など、現在もカルティエを代表する腕時計が次々と発表されました。

アール・デコ全盛期だった1920年代に発表されたカルティエのジュエリーは、直線と円の調和、色石の色彩と質感を自由に生かした美しさに満ちています。
ルイ・カルティエは、デザイナーのシャルル・ジャコーをパートナーに迎え、エジプト、インド、中国、イスラムにインスピレーションを得てエキゾティックなデザインのジュエリーを次々と発表しました。

1924年、現在もカルティエのベストセラーラインのひとつである「トリニティ・リング」がラインナップに登場。
ピンク、イエロー、ホワイトの3色のゴールドで作られた3連のリングは、カルティエが敬愛するジャン・コクトーのために作ったリングであり、ジャン・コクトーが小指にはめていたことから注目を集めました。

1933年、王侯貴族などの個人顧客向けに斬新なデザインのジュエリーを提案する高級宝飾部門の最高責任者にジャンヌ・トゥーサンが就任。
1948年にウィンザー公爵夫人が所有したサファイアとパンテールのブローチは、トゥーサンのアイディアにより製作された傑作ジュエリーとなっています。
その後、気品と優しさを併せ持つ「カルティエの動物」と呼ばれる猫科の動物や鳥のモチーフが、カルティエのジュエリーにたびたび登場するようになります。

1960年代、ピエール・カルティエの死去によって、カルティエ一族の手を離れたメゾンは、1973年に新コンセプト「レ マスト ドゥ カルティエ」を掲げます。
このコンセプトによって、王侯貴族などの限られた顧客だけではなく、ジュエリーをこよなく愛する一般の顧客もカルティエのジュエリーを手に取ることができるようになり、名門ジュエラー「カルティエ」の名がより身近になりました。

3代目ルイ・カルティエは、生前、「社会の要求に見合った実用的なものを、カルティエ風に装飾して製作する」という言葉を残しました。
ルイの言葉どおり、時代とともにクリエーションを変えた、カルティエのしなやかで強い哲学を体現した瞬間といえるでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


カルティエ買取店ランキング


最新記事

  1. ニューヨークのデザイナーのアルド・チプロによってデザインされたカルティエの財布
    カルティエの財布が愛される理由に、長く愛用できる丈夫さはもち…
  2. カルティエのバッグは丈夫で様々なデザインがあり買取にも大人気!
    1920年代にジュエリーメゾンとして初めてバッグコレクション…
  3. カルティエは様々な小物を展開していてiphoneケースまで出しているのです
    ハイジュエラーとしてのイメージが強いカルティエですが、レザー…
  4. ルイ・カルティエが愛したカルティエのブレスレット
    カルティエのブレスレットは、リングと同様に「愛」や「願い」な…
  5. カルティエはモチーフが特徴的なのでモチーフを魅せることができるアイテムです
    カルティエのペンダントは、特徴的なモチーフのペンダントトップ…

カテゴリー